ホームページの運用

ページ内目次

はじめに
この稿を掲載するに至った経緯などを説明します。
ホームページを開設する手順
ホームページの開設手順を説明するとともに、契約している業者の説明をおこないます。
独自ドメインの取得と管理
独自ドメインを取得する手順と管理について説明します。
レンタルサーバー
ホームページを公開するにはサーバーが必要です。
見立南区自治会のホームページを公開するために、レンタルサーバーを借りています。
ホームページを維持するための経費
見立南区自治会のホームページを維持するための経費について説明しています。
ページの先頭へ

はじめに

見立南区自治会のホームページ開設3年目を迎えようとしています。

今まで、管理人が一手に運用を任されてきましたが、管理人自身の年齢や病気あるいは事故の事を考えると『一手に』の部分に大いに不安を感じざるを得ません。
過去に何度もホームページの運営について区長をはじめ役員の方々に説明してきましたが、口頭や細切れの資料を基にした説明ではなかなか理解してもらえませんでした。
(役員の方々が比較的高齢である、つまりホームページの運営について詳しくなかったことも原因でしょう)

そこで、口頭や細切れの資料を基にした説明だけであったことを反省し、ここに『ホームページの運営』についての詳しい説明を掲載することにしました。

この解説は、 当年度の役員さんだけに理解してもらえれば良いのですが、 自治会の役員は持ち回りですので数年を経れば全ての会員さんが役員を経験することになります。 結局、 全ての会員さんに説明することになるために、 このような掲載方法にしました。

ここに掲載している内容は、自分のホームページを持っている人なら誰でも知っている内容です。
つまり、見立南区自治会のホームページ独自の、不特定多数の人たちに知られてはいけないような内容は掲載していません。
もちろん、idやパスワードなどは掲載せずに役員会で指定された人にだけ連絡することとします。

まずは、必要最小限の情報から掲載し、質問があったり管理人自身が思いついたような事を順次掲載していきますので、順不同になってしまうことをご了解下さい。

ページの先頭へ

ホームページを開設する手順

(注1)
ホームページを開設するには様々な形態があり、必ずしもドメイン管理会社やレンタルサーバーを借りる必要はありません。
契約中のプロバイダーが提供する無料のホームページや、自動的に(強制的に)広告を掲載することにより無料でホームページを開設できるようなものもあります。
ここではあくまでも『見立南区自治会』のホームページを開設したときの手順を説明しています。

ホームページを開設するためには、ドメイン管理を委託する業者とサーバーをレンタルする業者との契約が必要になります。(注1)

次のような手順で、当ホームページを開設しました。

  1. ドメイン管理会社のホームページを使用して独自ドメインを取得する
  2. ドメイン管理会社に取得した独自ドメインの管理を委託する
  3. サーバーを借りて、独自ドメインを設定する

ページの先頭へ

独自ドメインの取得と管理

ドメインとは、乱暴に言い切ってしまえばアドレスの事です。
ホームページを開設する際に、自分専用のアドレスを取得する場合がありますが、それを独自ドメインと言います。

当ホームページ開設に際しても独自ドメインを取得しました。
『http://www.yumegendachi.net』 または
『http://yumegendachi.net』です。
(判りやすくアドレスバーに表示されるアドレスを書きましたが、正しくは『yumegendachi.net』がドメインになります)
『www』の部分はサブドメインというもので、『www』以外の名称をつけて目的毎に運用することもありますが、 見立南区自治会のホームページではサブドメインは活用していません。

見立南区自治会のホームページを開設するにあたって、 名称(ドメイン)を『yumegendachi.net』にすることが役員会で決定したことにより、 ムームードメイン(Muu Muu Domain)【外部サイト・別窓】というドメイン管理会社のホームページを使用して、 独自ドメインを取得しました。

独自ドメインを取得することにより自動的にムームードメイン(Muu Muu Domain)がドメインの管理を行ってくれます。

ドメインについての詳細とドメイン管理については、ドメインの詳細とその管理を参照してください。

ページの先頭へ

レンタルサーバー

レンタルサーバーを借りると言うことは、公開するホームページを置くスペースを借りると言うことです。

ホームページは 「24時間365日休みなく、見たい人が見たい時間にいつでも見ることが出来る」 ことが必須の条件になります。
「私のホームページは朝9時から夕方の5時までしか見ることが出来ません。それに停電の時も見ることが出来ません。」
こんなホームページは見たことがありませんよね。 個人であるいは企業で自前のサーバーを用意してホームページを公開している場合もありますが、 当自治会でそれを実現することは技術的にも工数的にも(人的工数)そして経費的にも実現は不可能です。
そのため、当自治会のホームページは ハッスルサーバー(hustle)【外部サイト・別窓】 と契約して、 ホームページを公開するためのスペースを借りています。

レンタルサーバーについての詳細は、レンタルサーバーの詳細を参照してください。

ページの先頭へ

ホームページを維持するための経費

ここでは、見立南区自治会のホームページを維持するための年間の経費について説明します。

前述の、 独自ドメインの取得と管理 と レンタルサーバー で説明したように、 当自治会では、 ムームードメイン(Muu Muu Domain)【外部サイト・別窓】(年額950円)  というドメイン管理会社と、 ハッスルサーバー(hustle)【外部サイト・別窓】(年額2,500円) とういうレンタルサーバーと契約しています。

詳細に関しては、 ドメインの詳細とその管理 と レンタルサーバーの詳細 を参照していただくとして、 ここでは経費の部分だけを取り上げます。

ムームードメイン(ドメイン管理)
ムームードメインには、ドメイン管理費として年間950円を支払います。
下の画像を見てもらえば判りますが、毎年4月28日が支払期限になります。

左の画像は、2011年1月11日時点でムームードメインのコントロールパネル(idとパスワードの入力が必要)で契約期間を確認したものです。

下の画像(支払履歴)で確認できるように、2010年4月18日に9年分を支払い済みです。

これは、年間950円と安価なことからまとめて支払っておこうとの考えで9年分を支払いました。
詳細に関しては、 ドメインの詳細とその管理を参照してください。


ムームードメインへの支払履歴です。



ハッスルサーバー(レンタルサーバー)
ハッスルサーバーには、年間2,500円を支払います。
下の画像を見てもらえば判りますが、 毎年 5月7日が支払期限になります。

ハッスルサーバーの支払状況

上の画像は、2013年4月時点でハッスルサーバーのコントロールパネル(idとパスワードの入力が必要)で支払い状況を確認したものです。

ハッスルサーバーの場合はムームードメインのようにまとめて支払うことができませんので、 毎年、1年分を支払うことになります。

初年度の3,500円には、初期費用1,000円が含まれています。

ページの先頭へ
この稿(ホームページの運用)は、 見立南区自治会役員の人たち(特に、記載されている内容に詳しくない人たち)を対象としています。 記載内容は正確さを期すよりも概念を判りやすく書くことを心がけています。 そのため、 多様な内容をひと言で言い切ったりなど正確さに欠けている部分もあることをご理解下さい。
開設日:2011年01月23日   更新日:2013年04月24日